*莉りの長女として生まれた香・パフィです。Bigなトライの女の子です*

名前
香・パフィ   ♀ 
名前の由来
姪っ子の香穂ちゃんから一字もらいました。本名はティファニーです。
本名が呼びにくいと言う事で、呼び名も香穂ちゃんが考えてくれました。
我が家のおてんば達は、漢字を先に考え、イメージで呼び名をつけてます。
生年月日
1999年12月28日 PM17:10 莉りの長女として誕生。
体重
生まれた時120g。 現在4.4kg。
好き
香穂ちゃん、海、ひづめ、ブタ耳、肉、魚、シャンプーの蓋、ぬいぐるみのラブ。
嫌い
爪きり、耳掃除、寝ている時に起こされる事。
性格
家ではおっとりしているが、感情表現が激しい。行動はマイペース。
シャンプーの蓋が好きで、「ぷっ」と飛ばして 取りに走ったり、
部屋の隅っこに、入れたり出してたりして 遊ぶ。
入れるときに、タメをもたせ、他の子の気を引き、
集まると「ぷっ」と入れ、一人で喜んで、嬉しそうに尾を振る。
ソファの下に入れ、「取ってくれ」とソファをガジガジし(^^*ゞ 何度も持ち上げさせる('〜`;)
お茶目でマイペースなところは、莉りに似ているが、容姿はパパ譲りのようだ。

ディープキスが得意な舌 波と遊べる(^^;海大好き♪ 未だにちゅちゅ♪して寝んね♪
ダイナミックな食べ方(^^; 最近呼びが効くようになった(^_-)v フレンドリーでマイペース♪
愛想笑いがとっても上手♪ 2002年4月母になった 意外とひょうきんなパフィ♪

紹介文です。お時間のない方はまた、どうぞ。

りりママの一言。

香・パフィは、飄々としている。小さい頃、ブリ-ダ-さんが楽しみにしていた子だ。
犬見知り?もなく、無邪気で「いい性格ね。」と言われていた。
身体もしっかりして毛ぶきも良かった。尾っぽ振りが盛んな明るい子だった。
少々の事では負けずに、無邪気な性格で、プリプリのお尻をした可愛いおてんばさんだった。

おてんばパフィ

子パピ時代、今考えれば笑い話だが(*^^*)凄い事件があった。
我が家から1km先の公園に、香・パフィと花・ティアラで 散歩に出かけた。お天気も良く、もうすぐ1才になる頃のこと。他のワン子も居ないし、たまにはな〜んて思ったのが私の浅はかさ(^^ゞ
パフィは、嬉しさを体中で表現しながら、尾を振り走り回っていた。勿論ティアラも。
そして公園のコンクリートの塀から(腰の高さはある)ピョ〜ンと走って(笑)海に飛び込んでしまった!!続いてティアラも、追いかけて行ってピョ〜ンと。^^; 
慌てて塀の向こうを覗くと、必死な顔で岸に泳いでいる!高さは5mはあるから私もどうして良いやら?幸いに石垣だったので、僅かな隙間に手を入れ 足を入れ下に降りた。私も2匹も必死な顔をしてたに違いない ^^; 
ティアラは泣いていて、パフィはキョトンとしていた。2匹は何があったかも理解できずに、必死に泳いで来た。目線は私だけを見ていた。瞬間ヒヤッとしたが2匹とも 身体を触っても痛がらずに無事のようだった。
偶然、公園に隣接した公民館の伐採に来ていた方が はしごを下ろしてくれ、公園で遊んでいた野次馬小学生の手を借り、2匹を上げ、私も地面に足を下ろした。心臓がまだ大きく高鳴っていた。回りの子供達は10人近くいたに違いない ^^; 皆が一声に「どうしたん?何で?海に入ったん?」と聞いて来る (ーー;)「ピョ〜ンと飛んで落ちただけ」と答えた。(^^ゞ 
それから1kmの距離を、2パピを洋服の中に入れ、ずぶ濡れのまま帰った。何とも(^^ゞ飼い主として情けないと、心に深く反省の出来事だった・・・。その日からパフィは泳げるようになった。帰ってからもケロッとしていた。(笑)一方 ティアラは、海が怖くなったのか?海に入るまで、1年近くかかった。
(^^ゞごめんね〜♪
皆さんもノーリードは、止めましょう!!命にかかわります。「ハイ」(^^ゞ

香・パフィの変化

元気で賢く、無邪気な子パピ時代を過ぎ、1才頃から彼女は変わった。
少し他の子から、意地悪されたのが原因なのか?年頃なのか?
相手を見るようになって、無邪気さが消えた。考えすぎる所が出てきた様に思う。
一番無邪気だったのに、今は足しているのか?負けているのか??
私の順位付けが間違えたのか???
日常的には、何も問題もなく 意地悪もしないし、お茶目さもある。対妹達に限って そう言う行動が見られるようになり、何か純粋に無邪気なところが・・・消えてるように思う。

りりママの心配

姉妹の中でも 何でも早くに覚えて、他の子から見ると「むっ」と来たのか、他の子が気が強いのか?負けてはないけど・・・「ガウガウ」と、妹達からやられている。原因もなく存在自体を虐められてる時期が、あった。近づくと威嚇されていた・・・(-.-)そのことが、彼女から無邪気さを奪ったのではないだろうか?性格のいい分 我慢しているように思えるが、実は自分が一番の性分が 抑えられているのだろう?
海・マリンは、喧嘩をしても けろっとしている。花・ティアラは、引くタイプで知らん顔をしている。夢・ティッピプリンのように 負けを認めての甘えもない・・・
香・パフィは、自分の世界に入る。他の子から遠のいて遊んだりする。(内心うーーーっとなってるはず)そのせいか・・・・?時々怒ると ガウガウと激しい・・・ストレスが気性に影響しなければ良いが・・・??女の子同士、色々あるのは人間社会と同じなのかも?

これから・・・。

この先の私の一番の課題は、莉りとパフィの少し遠慮した箇所を、直すことだと思っている。彼女達は本来、無邪気で陽気なパピヨンなのだから・・・。少しづついろんな環境に連れ出そうと思っている。
幸いにも威嚇するタイプではないので、沢山のワン子たちに出会って協調性を学び、遊びの楽しさを体感させてあげたいと思っている。
そうする事で、臨機横柄さが身に付き、彼女の無邪気さが再び、芽を出すのでは?と思う、りりママです。


 HOME TOP 
 莉り  マリン ティアラ ティッピプリン  もこ 









SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送